掛金と年金と一時金
月々の掛金は?
掛金の払込は60歳(59歳11月分)までです。 
掛金の上限は月額68,000円です。
ただし、個人型確定拠出年金に加入している場合は、それぞれの掛金を合わせて68,000円が上限です。
加入時の年齢、男女別によって掛金がきまります。
詳しくは掛金月額表 をご参照ください。
掛金の増口・減口が可能です。
随時、加入口数を増減できます。
増口する時の掛金額は増口申出時の年齢の掛金となります。
前納が可能です。
4月分より翌年3月分までの1年分を前納すると翌年3月分の掛金が0.1ヶ月分割引されます。
前納の納付額は11.9ヶ月分となります。
○前納は変更届を提出されない限り継続できますが、60歳に到達される年で、
  掛金が12ヶ月に満たない方は4月分〜80歳誕生月前月(誕生日が1日生まれの場合は
  60歳誕生月の前々月)までを一括引落しとなります。ただし、割引はありません。
一括納付が可能です。(割引無)
割引はありませんが、年度内(4月分〜翌年3月分)の複数月分を一括納付することもできます。

年金の給付は?
年金は、65歳1月分より終身(生涯にわたり)受け取ることができます。
年金額は、加入口数とその掛金の納付期間によって決定されます。


※加算額については「加入月加算額の計算表」をご参照ください。

老齢基礎年金を繰上した場合について
60歳到達〜65歳到達前に、公的年金の老齢基礎年金を一部繰上または、全部繰上した場合は、国民年金基金も繰上の手続きが必要となりますので、必ず当基金宛にご連絡ください。(厚生年金・共済年金のみの受給の場合は、不要です。)
ただし、国民年金基金の繰上は付加年金部分のみとなりますので、65歳到達までの年金額は極めて小額で、年額:数千円〜3万円弱程度となります。
なお、65歳到達時に本来の国民年金基金給付が加わり、大幅に年金額が引き上がる事となりますが、繰上をしない場合と比較すると若干低い額となります。



亡くなられた時は?

These home page contents apply to the Japanese domestic market only.
All rights reserved, Copyright (c) 2002 日本医師・従業員国民年金基金.
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1丁目6番12号マグノリアビル2階0120-700650