「豊かな老後」へのプレゼント 全国国民年金基金 日本医師・従業員支部

ご相談・資料請求などお気軽にご連絡ください

お電話0120-700650

よくある質問

よくある質問

国民年金(老齢基礎年金)は原則10年加入しないと受給できませんが、基金の年金は当該期間を満たさない場合でも年金は支給されますか?

支給されます。加入期間は問いませんので、それまで納付した掛金に応じた年金が65歳より支給されます。短い期間加入した場合でも必ず年金に反映される仕組みになっています。

日本医師会の会員でなくても加入できますか?

会員でなくても加入できます。

手伝いをしている私の配偶者や家族も加入できますか?

20歳以上の国民年金に加入しているご家族であれば、どなたでも加入できます。

途中で掛金の支払いが困難になった場合は?

支払える程度に口数を減らすことも可能です。また、掛金の払込を一時停止することもできます。その停止期間は掛金未納となり年金が減額されますが、解約になり、ペナルティーが課せられるようなことはありません。また、2年以内であれば掛金を追納することにより年金の減額を防ぐこともできます。(ただし、延滞金がかかります。)

法人化などにより厚生年金等に加入するようになった場合、それまでの掛金は掛け捨てになるのですか?

掛け捨てにはなりません。掛金を納めた期間に応じた年金が65歳から支給されます。

任意には脱退できないの?

基金への加入は任意ですが、加入した方は自分の都合で任意には脱退できません。これは老後の生活保障を重視する公的制度としての趣旨によるもので、掛金を納付できなくなった場合にも強制解約されることなく、必ず老後の年金保障に結びつくことになっています。

「日本医師会年金(医師年金)」との違いは?

  1. 「国民年金基金制度」は国民年金法に基づき基礎年金に上乗せを行う「公的な年金制度」であり、次のような税制上の優遇措置があります。

    1. 掛金については全額社会保険料控除の対象
    2. 受給する年金も公的年金等控除が適用
    3. 遺族一時金(B型を除く)は全額非課税

    しかし、公的な年金であることから、次のような制限もあります。

    1. 会社員や公務員となり、厚生年金保険に加入すると、その加入期間は基金から脱退となること(この場合にも掛け捨てにはなりません)
    2. 掛金の上限(月68,000円まで)が設定されていること
  2. 一方、「日本医師会年金」は、日本医師会の会員福祉として運営している私的年金です。会員の利便性のほか、次のような基金年金とは異なる特徴を有します。

    1. 厚生年金保険への加入と関係なく加入できること
    2. 掛金の上限がないこと

なお、日本医師会年金の連絡先は、次の通りです。

日本医師会 年金福祉課

電話:03-3946-2121(代)
ホームページ:http://www.med.or.jp/nenkin/index.html